PR

【女性をターゲットにしたアルコール・マーケティングに警鐘を鳴らす】アルコールは乳がんを引き起こす!?

健康一般

友人との気軽な飲み会や、くつろぎのひとときを過ごす「ワインママ」が、実は乳がんリスクを高めている可能性があることをご存知でしょうか?

何気ないことのように聞こえるかもしれません。しかし、多くの人が知らない真実かもしれないのです。 アルコールは乳がんを引き起こすのです。

世界保健機関(WHO)国立アルコール乱用・アルコール依存症研究所(National Institute on Alcohol Abuse and Alcoholism)の調査は、それをはっきりと示しています。

お酒を飲まない人に比べて、1日1杯飲むだけで、乳がんリスクは5%から9%上昇します。

アルコールとがんの研究者として、特に女性の間で飲酒が増加していることから、アルコールと乳がんの関係について女性が実際に何を知っているのかを、もっと把握したいと考えました。

知識の格差

最近発表された研究のために、私たちは2021年に全米の18歳以上の女性5,000人以上に、飲酒と乳がんの関係を知っているかどうかを尋ねました。また、飲酒習慣やその他の健康・背景要因についても尋ねました。

その結果、アルコールが乳がんの危険因子であることを知っている女性は、全体の4人に1人しかいなかったのです。

さらに問題なのは、35%がまったく関連がないと考えていることです。さらに40%の女性は、乳がんとの関連性をまったく考えていませんでした。

アルコールの健康上のリスクを十分に理解することは、人々がどのようにアルコールを摂取するかについて、より多くの情報に基づいた選択をするのに役立ちます。

また、年齢、学歴、人種による知識の差も見られました。

年齢が若く、学歴の高い女性や、アルコール関連の問題に直面している女性は、年齢が高く、学歴の低い女性や、過去1年間に飲酒経験のない女性よりも、アルコールと乳がんリスクの関連性についてよく知っていました。

また、黒人女性は白人女性に比べ、アルコールと乳がんのリスクについての認識が低いという結果が出ています。

飲酒量が少なければ乳癌リスクは低下する

アルコールの研究者、保健当局者、擁護者が、アルコールのリスクと乳がんとの関連について女性に知らせようとしているにもかかわらず、今回の調査結果は、このメッセージがほとんどの人に伝わっていないことを示しています。

また、飲酒が害をもたらす可能性があることを知りたくない、話したくないという人もいるため、飲酒の利点に関する俗説も蔓延しています。その結果、多くの女性はアルコールが健康に害を及ぼすことを知らないか、不確かなのです。

アルコールの害とがんとの関連についての認識を高めるための包括的なコミュニケーション・アプローチは、アルコールの使用に関してより健康的な選択をするよう女性を支援し、奨励するのに役立ちます。

教育キャンペーンは、多様な背景を持つ人々にアルコールと乳がんリスクについて知らせるのに役立ちます。

アルコールのマーケティング、入手しやすさ、入手可能性に関する政策の変更も、人々の飲酒パターンに変化をもたらすことができます。

このような政策は、アルコールの大量飲用を正常化または美化し、健康上のリスクや害を無視することで、意図的に女性の飲酒や購入を誘うアルコール・マーケティングの「女性化」に対処することもできます。

世界保健機関(WHO)は、アルコール関連の害を減らすために、アルコールへの課税強化とともに、アルコールの広告やマーケティングに関するより厳格な規則を推奨しています。

今日の文化は、コルクを抜くことで人生のストレスに対処することを常態化しているかもしれません。

しかし、アルコールを控えることは、乳がんリスクに変化をもたらす可能性があります。一歩下がって、アルコールが健康に及ぼす影響について考えることは、飲むか飲まないかについて、十分な情報を得た上で選択するのに役立ちます。

News Source

Your favorite drink can cause breast cancer – but most women in the US aren’t aware of alcohol’s health risks By Monica Swahn,Ritu Aneja

本記事は『THE CONVERSATION』(2024年6月5日掲載 / 文=Monica Swahn,Ritu Aneja)からのご提供を頂き、翻訳の上、お届けしています。

タイトルとURLをコピーしました